たった1人の3ヶ月ベトナム滞在記録

3ヶ月間のベトナム滞在記録です。ハノイやゲアン省でのホームステイの記録です。

たった1人の3ヶ月ベトナム滞在記録19:バッチャン村①

記録は前回の週末からいきなり1週間飛びます。

というのも仕事や生活面は結構平和で大きな出来事もなく1週間を過ごせたからです(たぶんですが…写真などを見返す限り平和だったはず)。

土曜日、日曜日ともに活動したので、まずは土曜日から記録したいと思います。

 

その週のいつかに私が宿泊しているホテルの方から連絡がありました。

以前の記録にも書いたベトナムに来る前のホテル検討中の時からとても親切に対応してくれたスタッフさんです。

この土曜日がお休みで、友人達と一緒に出かけるので一緒にどうですかというお誘いでした。

私が1人でベトナムに来て、会社には私以外日本人がいないことをその方は知っていたので、気を使ってくれたのだと思います。

もちろん返信は「よろしくお願いします」です。

 

そして、土曜日。

ロビーで待ち合わせです。スタッフさん2人で、2人とも日本語はペラペラです。

話を聞いてみると、2人の友人も参加されるとのことでしたので、その方と合流するために私達は早々にホテルを出発しました。

ホテルから車で数分のところで合流。

その方は日本人の方でした。

ベトナムに来て2週間が経ち、日本人と交流しなくても気にならないと思っていましたが、やっぱり日本の方と会話できると何だか安心しました。

と言うわけで、車中はずっと日本語での会話です。

確か、私はここで本日の目的地がバッチャン村と聞いたような覚えがあります。

もしかすると事前に聞いていたかもしれないですが、この日までにハノイ本社のスタッフ達とバッチャン村の話をした記憶がないので、多分そのはずです。

 

気づくとバッチャン村に着いてました。

翌週ハノイ本社スタッフ達や自分で調べてみましたが、バッチャン村はハノイ市街から近くはない距離でしたが(ハノイ本社スタッフ達は、遠いところに遊びに行ったねと言うリアクションでした)、その時はさほど遠くには感じませんでした。

多分、久しぶりの日本語での会話が楽しくて、時間が経つのを忘れていたのだと思います。

日本人と交流しなくても気にならないと思っていたと記載しましたが、やはり日本語が恋しかったのでしょう。ベトナムに来て、まだ2週間くらいしか経っていないのに。

 

車を降りて、徒歩でまわります。

皆、一緒に行動するので安心です。

歩きなので色々ゆっくり見れていい感じです。

アルバムを見返すと、この写真がなぜかありました。

f:id:vietnamdiary:20211009143752j:plain

多分、今すぐにでも瓦が崩れて来そうと思って、撮ったのだと思います。

街並みもゆっくり見れながら散策出来たので、非常に楽しかった覚えがあります。

 

少し長くなりそうなので、続きは次の記事で記録したいと思います。

 

 

 

たった1人の3ヶ月ベトナム滞在記録18:あるスタッフの話

記録をするために色々写真を探しています。

その中であるスタッフさんを思い出したので、その方について少し書きたいと思います。

今までの記録の時系列から少しズレますが、せっかくので記録します。

 

その方はハノイ本社の男性スタッフさんです。

年齢は私よりも結構若いはずです。

彼はハノイ本社に常駐しており、先日のゲアン省視察にも来ていませんでした。

そのため、彼と初めて出会ったのは私がハノイ本社に出勤し始めてからです。

 

彼はなかなかフレンドリーな感じで、他のスタッフさん達とよく賑やかに話しています。

ただ彼は英語を話さないため、私とは普段あまり会話することはなかったのですが…。

 

また彼は結構天然キャラで、飛行機チケットの予約間違いなどもありました。

たしか、代表の出張の飛行機チケットを全然違う日時で予約していて、なんとかなるさ精神の代表もさすがにワタワタしていた記憶があります。

そのようなこともあり、彼は他のスタッフさん達からよくイジられていました。

 

あるとき、会社での飲み会がありました。

お店に向かう際、車組とバイク組で分かれて、彼と私は車組になりました。

私たち2人は後部座席で隣り合いました。

最初は会話はなかったのですが、彼がケータイを取り出し、何か打ち込んでいます。

すると私に画面を見せてくれました。

Google翻訳でした。

「君と話したいんだけど、どうやって話そうか?」とベトナム語から英語に翻訳されていました。

私も自分のケータイでGoogle翻訳に打ち込み、英語からベトナム語に翻訳しました。

「お互い英語とベトナム語を勉強しよう。それまではGoogle翻訳に頼ろう」

翻訳の精度がどうなのかは分からないですが、彼はイエスと笑顔で答えてくれました。

Google翻訳を介した会話を何度か行い、店に着きました。

少しの会話で、しかも翻訳ソフトを介したものでしたが、彼とは一気に仲良くなれた感じでした。

 

それから、数日後だったはずです。

彼が、ちょっと休みを取ると言って、またねという風に会社から出て行きました。

その後、彼が会社に戻ってくることはなかったです。

他のスタッフさん達に彼のことを聞いても、皆よく分からないという回答でした。

今、Facebookを見る限り元気そうにしているので良かったですが、彼とはもっと仲を深めて、翻訳ソフト無しで会話出来てたらなと思いながら、この記録を書いています。

 

次回は時系列に戻って、記録を再開したいと思います。

 

たった1人の3ヶ月ベトナム滞在記録17:Cafe Pho Co

旧市街の散策で1つ決めていた目的地はCafe Pho Coです。

観光本に載っていたベトナム名物のエッグコーヒー。絶対に飲みたいと思っていました。

そのベトナムコーヒーの名店と言われているCafe Pho Co。ベトナムに来る前から絶対に来たいと思っていました。

 

足腰の疲労が限界にきていた私は、ケータイのmap機能で目的地をCafe Pho Coに設定し向かいます。

現在地からさほど遠くないようです。

大袈裟ですが、最後の力を振り絞りエッグコーヒーを目指し歩き出しました。

 

そして、map機能が示す現在地と目的地であるCafe Pho Coが重なりました。

でも、おかしい。入り口らしきものが見当たらない。

mapが示している位置は確かに先ほど設定したCafe Pho Coですが、私が立っているのはお土産さんの前です。

mapをズームしてみたり、目的地を再設定してみたりなど試してみましたが、今自分が立っているところが目当ての場所のようです。

もうギブアップです。ネットで検索します。

すると、「入り口はお土産さんの中」とあります。

その情報を信じて、お土産さんの中に入ると…。

本当にありました、入り口です。

私は香港マフィアの映画が好きなのですが、そのような映画に出てきそうな雰囲気の細い通路が続いています。

f:id:vietnamdiary:20210930223501j:plain

自分がトニーレオンになった気分でこの通路を進むと、少し開けたところに出ます。

f:id:vietnamdiary:20210930224043j:plain

まだ目的のエッグコーヒーを飲んでいないのに、ここにきて本当に良かったと思いました。

吹き抜け、タイル、バイク、壁、そして飾られている額など色々なものが混じり合ってすごい雰囲気です。

ちなみに下の写真は中から入り口側を撮ったもの。

f:id:vietnamdiary:20210930224600j:plain

この写真では見辛いですが、通路の半分時点でタイルが変わります。

まるで世界の変異点のようです。

 

そして、これまた別世界の入り口のような階段。

この階段からどんどん上に登っていきます。

f:id:vietnamdiary:20210930224905j:plain

 

そして、残念なことにこの後は写真を撮っていませんでした(データに残っていなかった)。

あったのはエッグコーヒーの写真だけでした。

 

私は景色の良い最上階の席にしました。

その最上階も欧米の方々が大半で、ベトナムの方はほとんどいなかった記憶があります。

注文はもちろんエッグコーヒーです。

周りの風景を見ながらエッグコーヒーの到着を待ちます。

そして、注文からほどなくして来ました。

f:id:vietnamdiary:20210930225957j:plain

見た目だけでも美味しいです。

でももう3年が経ってしまい、細かい味がどうだったか覚えていないです。残念。

この後すごくいい気分で店を出たので、見た目通り美味しかったことは間違い無いです。

今度ハノイに行くことがあれば、ここは絶対に行きたいところのうちの1つです。

雰囲気も日本では感じることが出来ないもので、必ずもう一度行きたいです。

 

ちなみに翌週、会社のスタッフにCafe Pho Coを知っているか尋ねたら、「Of course」と言われました。

たった1人の3ヶ月ベトナム滞在記録16:週末のハノイ散策

前回までの記録の通りGrabの予約などに驚いた初日を過ごしましたが、翌日以降は新たな驚き等はなく毎日を過ごしました。

記録は週末に飛びます。

 

先週末とは違い、前日から週末の過ごし方を考えていました。

先週のように買い出しをする必要もないので、今週末はゆっくりする時間があります。

と言うわけで、お決まりの観光本から目的地を探します。

 

まだゆっくりハノイの街を歩けていないため、やはりまずはハノイの中心街である旧市街に行くことにしました。

旧市街で行きたいところを1つだけ決めて、それ以外は街をぶらぶらすることに決めました。

翌日の旧市街散策に向けて、この日は早めに就寝です。

 

そして、当日。前日は早めに就寝したこともあり早めの起床です。

この日はホテルの朝食は食べずに部屋でコーヒーを飲むだけにして、早々に出発準備を完了させました。

旧市街まで何で行こうかと考え、一瞬徒歩が頭をよぎりましたが、やはりここは無難にタクシーにしました。

平日の通勤時間帯とは違い、スムーズに到着し、道中も特段の渋滞はありませんでした。

 

タクシーが無事目的地である旧市街に到着。

あたりの風景は観光本に載っている写真と同じ。

ですが、雰囲気はより密度やエネルギーが濃いギュッとした感じです。その雰囲気の中に多くの人が行き来しています。

今までに感じたことのない初めての雰囲気で、遠い異国の地に来たのだと強く感じました。

そう感じると、道に迷ったり、ケータイを無くしたりすると帰れなくなってしまうのではという不安が急に襲ってきました。

私はケータイのマップ機能を確認し強く握りしめました。

 

とりあえず歩きます。

街には多くの欧米人のツーリストが歩いてます。

その中で私はひたすら街を散策しました。

気づくと足腰の疲労がかなりきています。

ただそれと引き換えに先ほどの不安は消えていました。


この足腰の疲労を癒すために、今日唯一目的地設定していた所に向かうことにしました。


この続きは、次回の投稿で記録したいと思います。

 

 

たった1人の3ヶ月ベトナム滞在記録15:ハノイ本社で勤務開始⑤-夕食-

ホテルに到着し、そのままレストランに直行しました。

レストランは朝食と同じ2階にあり、隣接しています。

 

レストランに入ると、受付の方が「いらっしゃいませ」と日本語で迎えてくれました。

人数の確認や席までの案内なども全て日本語で行ってくれました。

私はホッとしました。

今日は身体にだけでなく、頭にまで疲れがきており、食事の時にも英語でのやりとりになるとタフだなと考えていたので本当によかったです。

 

さて、メニューです。

なのですが、実はほぼ記憶がないです。

と言うのも、私は毎回定食メニューから選んでいたため、アラカルトやコースメニューの記憶が今ではほぼもうないです。

ただアラカルトメニューを見た際に、飲みたいと思った記憶はあるので魅力的なラインナップであったことは間違いないです。

 

私が滞在期間中ずっと注文していた定食メニューですが、種類が結構あったはずです。

トンカツ、カツカレー、雑炊…他にもまだありました。

この3つは特に美味しかったので、記憶が鮮明に残っています。

ただこの日に何を注文したかまでは覚えていないのですが(多分雑炊だったはずです)、先程の店員さんに注文です。

あと、普段は平日にはお酒を飲まないのですが、この日はいろいろな疲れを癒すためにビールを注文。これははっきりと覚えています。

 

まずビールが来ました。

ゴクっと一口。

その一口からほぼ間を置かずに二口目。そして、三口目、四口目と。

グラスを持った手が止まりません。

食事が来る前にビールがなくなりそうですが、かまいません。

今日は飲みます。

 

そしてビールがほぼ飲み終わりかけのタイミングで食事が届きました。

しかし、記憶がないため、写真はいつかの雑炊です。

f:id:vietnamdiary:20210928231242j:plain

見ての通り、この雑炊は石焼ビビンバの器に入っています。

そのため超熱々状態で届きます。写真からでもその熱々具合が伝わると思います。

そして、この熱々具合が本当に最高です。

私はおでんとかでそうですが、口の中を熱々になりがら食べるのが大好きです。

この雑炊は美味しくて本当に最高でした。

 

はっきりと覚えているのは大満足でレストランを出たことです。

私は「ごちそうさまでした。また来ます」と店員さんに伝え、部屋に戻りました。

それ以降のことは覚えていませんが、1日の疲れと無事1日を過ごすことが出来た安堵感からすぐに眠りにつくことが出来たはずです。

 

 

 

 

たった1人の3ヶ月ベトナム滞在記録14:ハノイ本社で勤務開始④-帰宅-

そろそろ業務が終わる時間です。

きっちり定時で終わるのか、それともバリバリ残業をするのかどっちだろうなと思いながら、周りの雰囲気を見ていました。

 

前者のようでした。

定時前にそろそろ仕事終わりのリラックスした雰囲気になったので代表秘書に確認してみました。

もちろんその時の業務状況にもよりますが、基本はスパッと仕事を終えて、皆帰宅するとのことでした。むしろなぜ残業するの?というリアクションでした。

そのような話をしているときに代表の子供が学校から帰ってきました。

それと同時にスタッフは皆仕事そっちのけで、子供とYouTubeで動画を見たりして遊び始めました。

しかも動画は代表のPCで見るんですよね。

そういうわけで定時きっちりではなく、定時より少し早めに仕事終了モードです

もちろん仕事が忙しいスタッフは業務続行ですが。

 

私はスタッフ達と子供が遊んでいるのを静かに見ていました。

やはり初対面なのでどういう風に絡んで良いか分かりませんでした。

子供も私がいていることに気づいていましたが、初対面ですし言葉も通じないため、私に話しかけてくることはなかったです。

そういうわけで私はその後も業務を続けていました。ただ周りがそのような雰囲気でしたので、私もちょっとすると日本から持ってきていたタブレットをいじり始めました。

 

するとタブレットに興味を惹かれたのか、子供が私のところに近づいて来てくれました。

子供は私のタブレットからYouTubeのアイコンを見つけ出し、見つけるやいなや「ポケモン!」と連呼です。

ポケモンを検索して、検索上位の動画を順に見せてあげるとずーっとひたすら見入ってました。

ポケモンは私が小学生の時に登場して、今もそれが日本だけでなく海外でも大人気なんですね。

なんだか懐かしい気持ちになりました。

 

そして、気づいたのですが、先程まで遊んでいたスタッフ達、また仕事に戻っていました。

やっぱりまだ仕事終わっていなかったんですね。

業務終了に向けてのラストスパートをかけるための恒例のリラックスタイムというわけでした。

ちなみに私はこれをきっかけに子供と仲良くなり、翌日以降は毎日子供が帰宅すると30分程遊ぶのが日課になりました。

 

子供と動画を見ていると定時になりました。

他のスタッフ達も退社の準備を開始し始めたので、私も帰宅準備です。

そして、帰りのGrabを予約です。

出社の時のようにキャンセルとかなくスムーズに来てほしいなと思いながら、目的地設定をすると…。

驚きの待ち時間10分です。

何度やり直しても同じくらいの時間です。

タクシーが到着するまで事務所で待機したいところですが、業務が終了した今は事務所は自宅の雰囲気に戻っているため、さすがに申し訳ないため道路で待つことにしました。

 

道路に出て、到着時間の長さの原因が分かりました。

大渋滞です。朝の渋滞なんて比にならないくらいです。

ここまでの渋滞だと到着にも時間がかかりますし、ホテルに帰れるのも一体に何時になるのだろうと不安になりまりした。何だかドッと疲れが出ました。

f:id:vietnamdiary:20210928213019j:plain

 

ただ、そんなこと考えていたら、余計疲れると思い、もう何も考えないようにしました。

ラクションがひたすら鳴り響く中、私は無心で待ち続けました。

そして、もう何分経ったか分からないですが、タクシーが到着。

でも、到着連絡が来たのですが、車が多すぎて、どこにいるのか分かりません。

バイクがぐいぐいくる中、必死に車種とナンバーが合致するタクシーを探します。

そして、見つけました。車列の中です。

この渋滞の中、歩道に寄せて停めるの難しいです。

私はバイクや車にぶつからないように恐る恐るタクシーに近づきます。

 

無事、乗車。運転手さんも申し訳なさそうな顔をしています。

さぁ後はホテルに帰るだけと言いたいところですが、先程書いたようにすごい渋滞で車はなかなか動きません。

私はもう車の外の渋滞は見ないようにし、ずっとケータイをいじっていました。

 

一体、どれくらい時間が経ったかは分からないですが、車はホテルがあるDoi Can通りに入っていました。

ようやく時が進んだように感じました。

後は晩御飯を食べ、お風呂に入れば、怒涛の1日が終わります。

私はタクシーを降り、ホテルのレストランに向かいました。

 

次は晩御飯の記録です。

 

 

 

たった1人の3ヶ月ベトナム滞在記録13:ハノイ本社で勤務開始③-昼食-

話は昼食まで飛びます。

午前11時くらいから昼食を何を食べようかなと考え始めました。

近くにコンビニやカフェなどがあるので、その辺りに行ってみようかなとネットでリサーチです。

少し調べていると、事務所の奥から代表秘書に呼ばれました。

事務所の奥はキッチンです。

というのも、代表の自宅の一角が事務所なのです。

そのため、実際のところは、オフィスではなく代表の自宅にお邪魔してスタッフは仕事をしているという感じです。

 

私が事務所の奥にあるキッチンに行くと、代表秘書は料理をしていました。

彼女は私に料理は得意かどうか尋ねました。

私は大学1年から一人暮らしをしているため10年以上の1人暮らし経験ですが、料理が得意不得意のどちらかを選ぶというレベルにも達しておらず、今までほぼ自炊をしたことがありません。

その事を正直に彼女に伝えると、かなり引き気味の苦笑いが出ました。

ベトナムでは男女関係なく料理をする。この3ヶ月で料理も得意になろう」とビシッと修行宣言が出されました。

 

彼女の宣言を拒否する理由は何もありませんでした。

私は覚悟を決めて、彼女の宣言を受け入れました。

でも1つ確認しておくことがあります。

今日だけたまたま昼食を代表秘書が作っているのか、それとも毎日代表秘書が作っているのかです。

彼女に確認してみると、

・昼食は代表、代表の家族、スタッフの皆で食べる。

・昼食は毎日スタッフが作る。

・でも大体昼食を作るスタッフは決まっている。たまたま今日はそのスタッフが夕方まで社外のため、代表秘書が作っている。

ということでした。

 

というわけで毎日昼食をどうするか悩む必要は無くなりました。

一方で本当に毎日料理修行が行われることが確定しました。

そして早速この日から修行が開始されました。

 

代表秘書から野菜とピーラーが渡されました。

彼女がまずは見本を見せてくれ、私はその通り皮をむいていきました。

彼女はスムーズにすい〜すい〜っと皮をむきましたが、私がやってみるとグッグッという感じで全然滑らかにむけない。

 

彼女が笑いながら初めての料理記念だから写真を撮ってあげると言うのでケータイを渡しました。

f:id:vietnamdiary:20210926153400j:plain

写真からもぎこちなさが伝わりますね。

カゴに入っているむき終わった野菜も皮が残っているし、表面も妙に角ばっている。

 

そして全てむき終わりました。

出来た!の一枚。

f:id:vietnamdiary:20210926153836j:plain

でもちゃんとむけてないですね。先端皮が残っているし。

写真を見返して、よくこれでサムズアップできたなぁと思いながら今文章を書いています。

多分、よく出来たのサムズアップではなく、何とか終わらせた安堵感からのサムズアップだったんでしょうね。

 

代表秘書から、今日の修行はここまで、あとは完成まで待機との指令が出ました。

すると彼女は手慣れた手つきで料理を始めて、あっという間に昼食を作り上げました。

そしてその完成と同時くらいに代表の家族も帰宅です。

皆が揃い昼食開始です。

 

代表秘書が今日の昼食の経緯を代表に話したところ、私に料理経験が無いことに驚きつつも美味しいじゃんと食べてくれました。

と言っても、私は野菜の皮をむいただけで99.9%は代表秘書が作ってくれのたで、代表秘書に何だか申し訳ない気持ちでした。

それと同時に少しでも料理を頑張ろうと決めたハノイ本社での初めての昼食でした。

 

次回の記録もこの続きです。